ペアーズの写真が上手く撮れない男性へ【マッチングアプリの写真の撮り方解説】

婚活

どうも、30代独身サラリーマンのTMOです。

今回は、ペアーズでなかなかマッチング率が上がらずに悩んでいる男性に向けて、僕が実際にペアーズのプロフィール写真の撮り方を変えただけでマッチング率が3%→20%に向上した方法を紹介していきます。

結論から言うと、ペアーズのプロフィール写真を撮る時に以下の3つのポイントを抑えるだけでマッチング率は飛躍的に向上します。

  • 撮る時に服装や髪型を清潔にする
  • 緑の多い公園や神社、観光スポットで撮る
  • スマホ用三脚を活用する
  • 自分で撮れない場合はマッチングアプリ
    専門撮影サービスを活用する

むしろ、長くペアーズをやって成果がでないまま会費を払うより、今すぐスマホ用三脚を買って写真を撮ってきた方が全然コスパが良いです。

もしくは、10,000円程度掛かってもマッチングアプリ専門の写真撮影サービスを利用したとしても、マッチングアプリを長く続けることを考えたらコスパ良いんですよね。

それでは、なぜプロフィール写真を改善べきなのか、どうやったら女性に興味を持ってもらえる写真が撮れるのかを順序立てて説明していきたいと思います。お悩みの方はお付き合いください。

ペアーズのプロフィール写真を改善すべき理由

ペアーズを使用する上での前提条件として、参加している人の男女比はおおよそ7:3のサイトが多いのが現状です。

つまりペアーズ参加者は男性の方が圧倒的に人数が多いので、必然的に男性は女性から選んでもらう側の立場になります。

そうなると、女性は男性から多くの『いいね』が届くので、女性から積極的に男性に『いいね』をする必要性がありません。

つまり、女性側は『いいね』を送ってきた男性を見て、良いなと思う人に『いいね』を返せば良いだけなんです。

そして女性が男性の何を見て『いいね』を返しているかというと以下の通りです。

  • まずは男性の写真を見る
  • 興味があればプロフィールの詳細を見る
  • 人気のある女性は写真だけ見て選ぶ

多く男性から『いいね』を貰っている女性になればなるほど、多くの男性の中から選ぶことになるので、写真を見た時の印象が少しでも気に入らなければ選ばないです。

要するに、女性は男性を選ぶときには写真を見るウェートが圧倒的に高く、写真で女性にアピールできなければ、マッチングしてメッセージでやり取りをするというスタートラインにも立てないのが現実です。

ペアーズの女性に好かれるプロフィール写真の撮り方

では、どうすれば女性に効果的に自分の魅力をアピールして女性から『いいね』を返してもらえる写真を撮れるのか、やってはいけない例を混ぜながら説明していきます。

やってはいけない写真の撮り方

最初、絶対にやってはいけない写真の撮り方から説明します。

  • 部屋の中で自撮りする
  • キメ顔で撮る
  • 髪型を整えずに撮る
  • ヨレヨレの服で撮る
  • 集合写真を使う
  • 顔が分からない写真を使う

男性のキメ顔自撮りは、どんなにイケメンであってもナルシストな印象やイケメンでない場合はアップになり過ぎると不潔に見えます。

また、清潔感のない髪型や服装、顔が分からないような遠目で撮った写真も雰囲気が伝わらないので女性に何のアピールもできません。

女性に好かれる写真とは?

女性に自分をアピールする上で重要なポイントは以下の3点。

  • 小綺麗で清潔なイメージ
  • 日常の中の自然な雰囲気
  • 明るくて楽しそうなイメージ

この3点をプロフィール写真で女性に印象付けられれば、あなたが女性から『いいね』を返してもらえる可能性がグッと上昇します。

どんな人でもそうですが「暗い」、「汚い」、「怖い」というイメージは絶対にNGです。この人といたら「明るくて過ごせて楽しそうだな」って思えるようなイメージを女性に持ってもらう必要があります。

女性に好かれる写真の撮り方

では、どうやって僕がプロフィール写真を撮り直してマッチング率を上げたのかをご紹介します。

マッチング率上げるためにやったこと
  • 晴れた日に緑の多い公園で撮影する
  • 撮影前は美容院に行って清潔感UP
  • 撮影する時はスマホ用三脚を使う
  • キメ顔はNG
  • 動画撮影して自然な表情のところを
    スクリーンショットする

これだけでOKです。

ポイントとしては、公園はできるだけ大きな場所で、且つ、芝生などの緑が多い場所で晴れた日に撮影すると背景の青空も映えて尚良いです。

ただ、『自分一人で公園とかに行って写真撮るのがどうしても恥ずかしてできない』という場合は、7,000円弱の費用は掛かりますがプロに撮ってもらうという選択肢もあります。

最近はマッチングアプリが一般的なものになってきたので専門にやっているサービスもあります。当然、マッチングアプリ映えする写真が撮ってもらえるので活用してみるのもオススメです。

あとはカフェの写真やあれば旅先の写真なんかをサブ写真で入れてあげればそれで充分です。

サブ写真は普段から『センスが良いな!』とか『美味しそうだな!』と思ったものの写真を撮っておくようにしましょう。

センスの良いものや美味しいものの写真があると、あなたとのデートでそういった楽しい体験ができる女性側にアピールする事ができます。

オススメのスマホ用三脚

Amazonや楽天市場でスマホ用三脚を探すと、必ずと言って良いほど小型タイプのものが出てきます。(↓こういうやつです。)

こういうものだと、高さが明らかに低いので見上げる撮る構図になって全体のイメージが掴めない写真になってします。

なので、選ぶのであればある程度の高さにできるものを選んだ方が良いです。
むしろ、1.3mくらいの高さにできる三脚を選びましょう。

ちなみに僕はこのスマホ用三脚を使っています。

【スマホ&タブレット&カメラ対応】スマホホルダーとタブレットホルダー付き、 ほとんどのスマホやタブレットに対応できます。1/4ネジを通じてスマホホルターとタブレットホスだーの切替ができます。1/4ネジ対応のビデオカメラなども対応できます。

高さもあって2,500円くらいで買えるのでコスパ的にも満足しています。

高さのないものを1,000円くらいで買って、やっぱり高さがないと不便だって後悔して買い直すくらいなら最初から高さのあるスマホ用三脚を買った方がコスト的にも時間的にも効率いいですよね?

婚活は女性と本気で向き合う事から始まる

婚活に勤しむ男性の中には、「勉強を頑張ってきて」、「仕事も頑張ってきて」、社会的にも成功している人も多いと思います。

だから、『自分は女性が放っておかない』とか『良い人がいたら考えても良い』とかって上からの目線で考えている人がいるかもしれませんが、その考え方を治さない限りは婚活は上手くいきません。

なぜなら、何度も言いますが婚活市場は女性優位なフィールドなんです。不本意かもしれませんが、男性はあくまでも選ばれる側なんです。

だから、女性に選んでもらえるように、自分の本質を女性に見てもらえるスタートラインに立つために全力で自分をアピールする必要があるんです。

それは、別に恥ずかしい事でもみっともない事でもないです。

女性に真剣に、本気で向き合うから現状を変えることができるんです。

そこで女性に対して本気で向き合ったら、きっと夫婦となった時もお互いを尊重しあえる素敵な夫婦になれます。

では、いつ努力をするのでしょうか?それは、今この時から行動に移して努力すべきです。今から行動するんです。そして、プロフィール写真を変えて女性のリアクションが変わったことを実感してください。

是非この機会にスマホ用三脚やマッチングアプリ用撮影サービスを活用して、マッチング率を上げてみましょう。

筆者:TMO

【スマホ&タブレット&カメラ対応】スマホホルダーとタブレットホルダー付き、 ほとんどのスマホやタブレットに対応できます。1/4ネジを通じてスマホホルターとタブレットホスだーの切替ができます。1/4ネジ対応のビデオカメラなども対応できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました