貝印のT字カミソリ KAI RAZOR axia(カイ レザー アクシア)を使用してみた【商品レビュー】

メンズコスメ

どうも、カミソリ難民のTMOです。今回は海外メーカーよりも割安な貝印のT字カミソリKAI RAZOR axiaについてレビューしていきます。

皆さんは普段どんなカミソリ(髭剃り)を使っていますか?

ボクは大学生になった頃からT字カミソリを使い始めたんですけど、最初は薬局で店頭販売してるシックとかジレットとかの海外メーカー品を購入してました。

(薬局行くと棚にディスプレイされた海外メーカー品がズラーと並んでて、必然と海外メーカー品ばかりに目がいきますよね)

でも、海外メーカー品って結構高いんですよ。

買い始めた当時はあまり気にしてなかったけど、海外メーカーのモノって替刃が6個くらいついた商品だと3,000円以上なんてザラ。結構な出費です。

社会人になってからは使用頻度も増加して、金銭的にもキツくなってきたんで、貝印のXfitっていう5枚刃最安品(替え刃4個付きで500円くらい)に切り替えて続けてきたんですけど。

カミソリ負けがキツ過ぎるんですよね。

ボクの髭の濃さも関係していると思うんですが、剃った後は毎回ヒリヒリするし、化粧水と保湿クリームが欠かせません。

年齢も30歳を越えてきたんで肌へのダメージも気になる年頃です。

色々探して考えてみたんですが、値段的にはやっぱり同じ貝印製品が安い。

ということでXfitのワンランク上の貝印製T字カミソリ『KAI RAZOR axia』を買ってみました!

本体+替刃9個付のお得なセットです。サイズは通常ホルダーと同サイズな為定番展開可能。

海外メーカー品に比べて KAI RAZOR axiaは値段も安いので気になっている人もいると思います。

でも安いからどうせ性能はイマイチなんじゃないの?』と思って二の足を踏んでいる方もいると思うので、今回はボクが実際に使ってみた感想を実物写真も織り交ぜながら綴っていきたいと思います。

商品紹介

基本情報は以下の通り。

メーカー貝印
品名貝印 KAI RAZOR axiaバリューパックスリム替刃9個付き
パッケージ
重量52g
パッケージ価格送料込み1,390円
Amazon価格
替刃個当たり単価154円/個

外観

ボクは少し欲張りなんでお買い得替刃9個付きのパックを購入しました。

ちなみに、替刃1個パックもありますが、替刃1個当たり単価に換算すると替刃9個パックに比べて割高です。

カミソリの刃自体は日本製のようです。

商品構成

ハンドル本体にカミソリが付いた状態で入ってます。それとは別にケースに収まった替刃8個。

質感

ハンドル本体はメタル素材を多く使っていて、そんなに貧相な感じはしないです。

手に持つと少しズッシリしていて、これまで使っていたXfitと比べると質感が全然違う。(そりゃ当然か。)

重量も実測すると替刃込みで52g。

Xfitと比べると重いんですけど、これくらいの重さのが剃りやすい不思議。使用しているときのグロップ感は良好です。

軽ければ良い訳じゃない模様。

機能

海外メーカー品は全方位的に動くのも多いけどは、KAI RAZOR axiaは前後にしか動きません。

左右への動きはないですけど、上下の可動範囲は大きめです。

ヘッドと本体の間の隙間が広くて剃った後の排出性は良さげ。

剃り心地

ボクのベンチマークがXfitなんでハードル低めですが、剃った最初の感想はジョリジョリしない!です。

Xfitは刃に髭が引っかかる感じが常にあったんですけど、KAI RAZOR axiaはそういった引っかかる感じはなかったです。

剃った後もXfitでは恒例行事だったヒリヒリ感もKAI RAZOR axiaではなかったんで結構ビックリしました。

口周りのカミソリ負けによる肌荒れが改善されそうです。

ちなみに、髭を剃る時はちゃんとシェービングクリームを使うようにしてます。

 

イマイチな点

安くてそれなりに剃り心地は悪くないって言うのがKAI RAZOR axiaの良い点です。

でも、手放しで良いって訳ではなく、実際に使ってみてイマイチな点もあったので、そちらも紹介しておきます。

鼻の下や口の付け根が剃りづらい

ヘッドが上下にしか動かないので、起伏が強い部分は何度か往復しないと剃り切れないです。

気にして剃らないと鼻の下の髭を剃り残して少しだけ髭が残ってしまいそうです。

海外メーカー品と比べると深剃り力は落ちる

シックやジレットの5枚刃のT字カミソリと比べると、やはり深剃りという観点では劣ります。

その分、そった後のヒリヒリ感はないのでトレードオフになっているのかもしれませんが。

もしかしたら、髭が濃いめの方であれば深剃り力に不満を持たれるかもしれません。

髭がかなり濃い方は海外メーカー品がオススメ

KAI RAZOR axiaまとめ

イマイチな部分もありますけど、剃った後の肌ダメージがKAI RAZOR axiaに変えたお陰でだいぶ緩和されたので、それだけでも変えた甲斐がありました。

順剃りだと深剃りできないですが、逆剃りしたら結構深剃りできたし、ヒリヒリしないし、ボクの不満は少ないです。

比較的安めで肌ダメージも程々にって考えている人なら、KAI RAZOR axiaはマッチすると思います。

逆に全くノンストレスを求めている人とか敏感肌の人は向かないかもしれません。

安いから性能が悪いという訳ではないです。

コスパ良い商品なんで、気になった方はお試し下さい。

ではでは。

本体+替刃9個付のお得なセットです。サイズは通常ホルダーと同サイズな為定番展開可能。

管理人 TMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました