禁煙と一緒に筋トレを始めて良かった話

筋トレ

どうも管理人のTMOです。

今回はボクが禁煙と一緒に始めた筋トレについて話していきます!

ボクは20年9月から禁煙を始めているんですけど、そのタイミングで身体を動かすこと、特に筋トレも取り入れて継続してきました。

今回は、禁煙と筋トレの相性の良さを身をもって実感したボクが感じた良かった部分を話していきたいと思いますので、どうぞお付き合い下さい。

筋トレを始めたキッカケ

まず喫煙していた時のボクの基本情報から。

  • メタボ
  • 運動習慣なし
  • 油っこくて濃い味が好き
  • 不規則な就寝時間(基本夜更かし)
  • 仕事は激務で精神的ストレス高め

今になって冷静に考えても非常に危ないヤバめなスペック。

社会人になってからとにかく運動してないというか、むしろ運動したくないって思っていて、タバコとご飯があれば幸せとか思ってました。

当然彼女もおらず、近くに遊びに行くような親しい友達もいない。休みの日は仕事で疲れ果てて、家でゴロゴロした後にご飯食べてタバコ吸うだけ。

典型的なタバコ脳サラリーマン。タバコに支配されてた。

一体何が面白くて生きてるのか分からないくらい人生の迷子だったんですよね。

こうなってしまった原因にタバコも少なからず影響はしてたんだと思います。タバコ吸うと体力も落ちて、運動するとダルくなるし。タバコを吸う事でドーパミンが出てその他のことで人生を楽しもうとか思ってなかったのかも。

年齢も30歳に差し掛かった頃にコロナが始まって、さすがにこのままじゃ健康にも良くないって思い立って禁煙をスタートするんですけど。

その時に思ったんですよ。

禁煙すると食欲が増して太るって話もあるから、いっそ運動でも始めてみようかな。って。

太り過ぎていたんでやるべくして運動を始めたので、禁煙のついでみたいな軽い感じの動機でした。

禁煙と筋トレを続けられた理由

そこから何でも良いから運動しようって気持ちでスタートしたんですが、最初のうちは1つだけルールを作ってました。

それは、『家にいる時にタバコを吸いたくなったら運動する』、これだけです。

意外にもこれが功を奏したような気がしています。

何故なら、禁煙初期ってタバコ吸いたい欲求が凄いんですよ。だから必然と運動をする機会が増えていきます。

  1. タバコ吸いたくなる
  2. 落ち着くまで運動する
  3. 禁煙と運動習慣が1ヵ月で身につく

あと運動するようになってからは余計にタバコを吸う事が悪のように感じ始めたのも心理的に大きかったです。

せっかく運動して体を鍛えてもタバコを吸ってしまえば逆効果になってしまうので元も子もありません。

step1 できる運動から始める

でも、最初から本格的な筋トレとかを始めた訳ではありません。これまで運動習慣もなかったし、メタボだったし。近くにジムもないし。

なので少ししか時間を使えない時は腹筋とスクワットみたいな自重トレーニングしたり、長く時間取れる時はジョギングしてみたり、という所からスタートしたんです。

参考に、ボクが最初にやっていた運動をまとめておきます。スクワットは会社でもタバコ吸いたくなったらやってたんですが、周りの人とも会話の種になって良かったです。(ちょっと変わった事してる面白い奴と思われる。)

  • スクワット
  • 腹筋
  • 腕立て伏せ
  • ウォーキング
  • ジョギング(小走り程度)
  • ストレッチ

運動強度としては、これまで運動してなかった事もあって最初はジョギングするのも大変です。すぐに息切れするので走り続けること自体が難しい。

でも、そういう状態を1週間も続ければ体も慣れてくるので、少しやってみて続けられそうであれば、運動習慣を身につける第1歩を踏み出せています。

step2 筋トレの装備を揃える

それから1ヵ月くらいは器具を使わなくてもできる運動を選んで、体を動かしていたんですけど。

1ヵ月続けられた事もあって、器具を使った筋トレもやってみたいと思い立ったんですよね。なので、そこから色々なトレーニング器具を集め始めました。

それまでタバコを1日2箱吸っていたので、タバコ代に月3万円を使っていた事を考えると、形にも残るし健康にも貢献する筋トレアイテムを購入することに抵抗はなかったです。

むしろ新しいアイテムを手にする度にワクワクしていました。

ボクが最初に購入した筋トレアイテムは以下の通り。

  • ダンベル(60kg)セット
  • インクラインベンチ
  • トレーニングチューブ
  • 腹筋ローラー

この4つを手に入れるだけで筋トレライフは格段に向上します。ネットで買えば全部で3万円くらい。高く見積もっても4万円に収まります。

つまりボクが今まで吸っていたタバコの消費量を考えると1ヵ月分くらいなんですよ。タバコって高い。

初めてダンベルとベンチが家にやってきた時は、凄く興奮したのを今でも覚えています。こうやって器具を買う事で筋トレに対するモチベーションもアップしたので、自分で筋トレ器具を買うのも継続できている一因だと思います。

step3 食生活も見直す

禁煙、筋トレという流れは、ボクの人生の中でも一大健康ブームを巻き起こし、その延長線として21年5月頃から食生活の見直しにまで踏み切りました。

キッカケはYouTubeで筋トレ系の動画を観ていた時なんですけどね。筋トレをやってる人ってみんな食事に強いこだわりがあるんですよ。

そりゃ筋トレした結果を最大限引き出すには食事も含めて考えなきゃいけないわけで、当然といえば当然なんだけど。

禁煙するまで運動もせず、食事も脂っこいや味の濃いものばかりで栄養なんて考えた事もなかった時を思うと、食事にまで気を使うなんてちょっとした革命、進化です。

最初は食の改善も行き当たりばったりでしたけど、今ではすっかり慣れてボクの日常に溶け込んでいます。

筋トレにプラスして食事に少し気をつけるだけで、結果として21年5月〜10月の間で86kg⇨78kg(▲8kg)に減少しました。

もともとが酷い食生活だったんで、食事ルールを簡単に設定するだけでも十分効果がありました。

  • タンパク質は体重×1.5g
  • 揚げ物は食べない
  • お菓子はできるだけ食べない(どうしても食べたい時は和菓子。)
  • 脂質は1食当たり30gまで

少し成分とか見なきゃいけないですけど、簡単ですよね?

総カロリーは意識してないんで食べ方によっては効果ないのかもしれませんが、これくらい緩いルールにしておくと継続できます。

禁煙と筋トレの相乗効果
  1. と一緒に筋トレをスタートする
  2. タバコを吸いたくなったら筋トレする
  3. 筋トレが習慣化するとタバコの悪影響をより意識するようになってくる
  4. 筋トレ効果の最大化のために食事を見直す
  5. 禁煙による体重増ではなく、むしろ食生活の改善によって体重が減少する

step4 筋トレしている人のSNSや動画を見る

禁煙と筋トレ、食生活の見直しは相性良くそれぞれの効果を最大化してくれるんですが、問題は継続性です。

やらなきゃいけないって分かっていても、どうしても筋トレを休みたくなる日とかモチベーションが上がらない日とかはあります。

そういう時におすすめなのが、トレーニーのYouTube動画を見たり、素敵な身体の人のSNSを見たりしてモチベーションアップすること。

気乗りしない時は当然誰にでもあるけど、そこで本当に何もしないとせっかく習慣化した筋トレが遠ざかってしまうので、筋トレしない時でも視覚的に筋トレに触れているとモチベーションを維持できます。

今はSNSも発達して色んな人の様子が見れるので便利な世の中ですよね。

ここまでボクが書いてきた流れでやってこれば、同じように禁煙と筋トレを継続できるとは思うんですが、置かれている環境(学校や仕事、家族環境とか)によっては継続が難しい場合もあります。

禁煙や筋トレが続かない人に向けて

1人で禁煙や筋トレを継続するのが難しい場合、禁煙が続かないなら禁煙外来に行けば良いし、筋トレが続かないならジムに行ったり、ジムが近くにないならオンラインのパーソナルトレーニングとかを受けてでも継続した方が良いとボクは思っている。

理由は簡単、禁煙外来にしても、ジム通いやパーソナルトレーニングにしても、やっていないよりはやった方が金銭的にも健康面でも明らかにメリットがあるから。

タバコを1日1箱とか2箱吸っているヘビースモーカーなら、禁煙と筋トレにお金を使ってもむしろプラスです。

ボクは毎日2箱タバコを吸っていたから月に3万円がタバコ代になってたけど、禁煙して筋トレにお金を費やしても月3万円も継続的に出費することはありません。

今では筋トレも禁煙の大きな支えになってくれています。

もし仮に禁煙や筋トレが継続できなくて落ち込んでいるなら聞いて欲しいんだが、それはアナタがダメだって事じゃなくて、今のアナタのやり方がアナタにとって楽な方法じゃなかっただけ。

筋トレの話をすればジム派と家派で好みもある。ボクは日々のトレーニングは1人で黙々とやりたいから家派。でも、人と接するのが楽しいとか他の人のトレーニングや指導がモチベーションになる人はジムやパーソナルトレーニングが向いてますよね。

禁煙と筋トレ、相乗効果を発揮してくれる素敵な組み合わせなので、自分の向き不向きに合った方法で是非お試し下さい!人生が変わりますよ!

管理人 TMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました